北愁哀歌 大黒裕貴 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

北愁哀歌  ♪  大黒裕貴
作詞 : 近藤梅子・幸田りえ
作曲 : 近藤梅子・幸田りえ

ひとり訪ねた この町は
どちらを向いても 鉛色
風が哭(な)くから 叩くから
あなたがなおさら 恋しいばかり
旅も悲しい 旅も悲しい
おんなです

人目さけても 淋しさが
ここまで私の 後を追う
カモメ鳥さえ 身を寄せる
荒波吠えてる 夜明けの海へ
この身投げたい この身投げたい
北岬

胸で憎さが また吹雪く
どうしてわたしを こう泣かす
あなた恨めば うらはらに
今でもやさしい 面影ばかり
女せつない 女せつない
別れです


大黒裕貴「北愁哀歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
大黒裕貴の人気曲 この歌手の人気曲一覧

①北愁哀歌♪ひとり訪ねた この町は
氷酒♪飲んだお酒が 体の中で
瀬戸歌♪日暮れ 尾道 明かりは見えど

大黒裕貴の新曲 この歌手の新曲一覧

瀬戸歌♪日暮れ 尾道 明かりは見えど
氷酒♪飲んだお酒が 体の中で
北愁哀歌♪ひとり訪ねた この町は

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ