哀愁 - 渥美二郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 渥美二郎
公式サイト
哀愁  ♪  渥美二郎
作詞 : 里村龍一
作曲 : 弦哲也

この街を離れたら 傷が癒えますか
このお酒飲みほせば 未練消えますか
風が吹く花が散る 心に雨が降る
もう一度 逢えたなら 忘れられそうで
今夜も想い出の 酒場で待つ私

哀しみを道連れに 生きてゆけますか
酔いどれて眠ったら 忘れられますか
この街のこの小径 歩けば泣けてくる
サヨナラも言わないで 夢を置いたまま
いつしか この指を 離れていった人

憎しみを胸に抱く それも愛ですか
裏切りを信じない それは何故ですか
夏が過ぎ冬が来て 涙が雪になる
もう一度逢えたなら 忘れられそうで
今夜も想い出に 流れてゆく私
今夜も想い出に 流れてゆく私


渥美二郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
涙色のタンゴ
奥の細道
釜山港へ帰れ
夢追い酒
なみだの花
望郷波止場
虎落笛
夢落葉
哀愁/渥美二郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ