もうひとつの夜明け 高橋瞳 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

高橋瞳
公式サイト
もうひとつの夜明け  ♪  高橋瞳
作詞 : Hitomi Takahashi・mavie
作曲 : Shinya Saito

鞄の中にはいつでも 大好きな白のキャンディ
真っ白に透き通って 甘い甘い時間過ぎる
眩しくて美しいのに どこか悲しい色で溶けて
嗚呼 懐かしい いつかの時のように

探しても見つからない 欲しかった自分は何処へ行ったの

時間がこわくて 目をつぶって走った
逃げてるだけの日々が 心を隠していった
叫び続けたよ「ねえ今何処にいるの?」
後ろを振り向けば「ここにいるよ」と笑ってた
隠していたのは他の誰でもないあたし

今日も上手く笑えたのに なぜ上手く泣けないの
涙は行き場をなくし 深く深く沈んでく
言葉など意味がないと 口唇強く噛み締めても
きっと 言葉しか 伝える術は無くて

誰よりも先に今 見つけた星ひとつ流れて消えた

失くすのを恐れて 夢中で握りしめた
手のひら開いた時 何も残っていなくて
どうか教えてよ「なぜ失くしてしまうの?」
心がいま答えた「もう一度探すためなんだ」

暗闇がこわくて 目をつぶって走った
逃げてるだけの日々が 心を隠していった
叫び続けたよ「ねぇ今何処にいるの?」
後ろを振り向けば「ここにいるよ」と笑ってた

もうすぐ夜明けがくるよ
隠していたのは他の誰でもないあたし


ミニ情報
アルバム「sympathy」収録曲
高橋瞳の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
高橋瞳「もうひとつの夜明け」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ