君は五番目の季節 森山直太朗 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

森山直太朗
公式サイト
君は五番目の季節  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

君と別れて いくつかの季節が過ぎていった
僕はもう君の知らない町で 君の知らない歌を唄っているよ

勝手気侭な タンポポの綿毛を指で追って
国道の緩いカーブを越えて あの日のままの君の影を抱いた

それ故に 春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て
今年もまた君がやって来る
君は僕に訪れる 五番目の季節
君は五番目の季節

何故に世界は こんなにも麗らかで悲しいんだろう
夢にまで及ぶ君の遺香を 返す返す暮れる空に放った

去り行かば 春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て
今年もまた君がやって来る
君は僕に訪れる 五番目の季節

風に遊ぶ白いカーテンの向こう側
七色の夢が踊る 二度と戻らない頃

目眩く悠遠(ゆうえん)に 願わくば 嗚呼(ああ) ―――

春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て
今年もまた君がやって来る
君は僕に訪れる

それ故に 春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て
いつの日か 終わりのない 思い出に変わる
君は五番目の季節

僕の最愛の人よ


ミニ情報
ヤマザキパン企業CMイメージソング
アルバム「風待ち交差点」収録曲
アルバム「大傑作撰」収録曲
森山直太朗「君は五番目の季節」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
森山直太朗の人気曲 この歌手の人気曲一覧

♪広がる空に 僕は今 思い馳せ
日々♪ありふれた日々の中で
金色の空♪そうやってまたひとり部屋に籠り
風花♪帰れない世界の外で 小さく君を抱いた
愛の比喩♪どれだけ君と 話しただろう
さくら(独唱)♪僕らはきっと待ってる
小さな恋の夕間暮れ♪南へと向かう 背中丸めた飛行船
風になって♪遥か 遥か 彼方のことを
♪もしもあなたが 雨に濡れ
人のことなんて♪人のことなんて もうどうだって

森山直太朗の新曲 この歌手の新曲一覧

レスター♪夕方四時 また寝過ごしてしまったようで
さなぎの時代♪もしも君が願うなら 僕は風になろう
僕らは死んでゆくのだけれど♪僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物♪いつかきっと必ず 必ず、何だっけ
嗚呼♪どうして 季節はゆくの
君のスゴさを君は知らない♪ヘイ ベイビー 調子はどうだい?
とは♪宙に散開した捕えようのない想い
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ♪いつぞや雨が降り出して
傘がある♪降り出した雨に カレーが食べたくて
金色の空♪そうやってまたひとり部屋に籠り

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ