腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君 - 蜉蝣の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君

 ♪ 

蜉蝣

作詞 : 大佑
作曲 : kazu

あどけなさを隠し切れない
君の泣き顔に恋した 優しい夜
降り積もっていく雪の様な
この想いは空に預けて 幕を降ろそう

時を刻んでいく時計の針
残酷に僕を刻んだ 悲しい夜
最後の最期は笑っていたい
さよならは僕の方から 云おう

積み木遊びに疲れて眠る子どもの様 穏やかに
二人の愛は終りを告げた 静か過ぎる月の下
大好きだから別れたかった 少しおかしいと言われても
もう行かなくちゃ 涙は見せたくないから

また此処で逢える 今とは違う二人
誰も信じられなくなった夜が寒すぎて

積み木遊びに疲れて眠る子どもの様 穏やかに
二人の愛は終りを告げた 静か過ぎる月の下
大好きだから別れたかった
少しおかしいと言われても
もう行かなくちゃ 朝が来るから

口を尖らせ強がりを言う不安だらけの君の顔が
瞼に残り 決断の時 迷ってしまったりしたけど
腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君には
もう嘘はつけない 愛しているから

自分が嫌いになった今 君さえ守れない 弱虫なんだ

僕のわがままにつき合わせてごめんね
今までありがと さよなら


蜉蝣の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君/蜉蝣の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ