しんしん - ゆずの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

しんしん  ♪  ゆず
作詞 : 北川悠仁
作曲 : 北川悠仁

街はイルミネーション 光輝く世界
通り過ぎて行くのは はしゃいでたあの日の僕等
去年の今頃なら人波をかき分けて
二人で探し歩いた 白い大きなクリスマスツリー

走り出した電車に乗って 君はこの街を去っていった
そして残されていったのは 僕とこの街の景色

しんしんと降り出した雪が 僕らの思い出を包み込んでゆく
さようなら 君と出逢って人を愛する苦しさを知りました…

キャンドルにそっと灯した 優しいあの灯りは
もう二度と点ける事など出来るはずはないけれど

冷たい真冬の風が ビルの間通り抜けてゆく
すれ違う交差点が青に変わる 君のいない道を歩いてゆく

舞い落ちる見慣れない雪が 僕らの街に降り積もってゆく
まだ消えない痛みを隠して 変わってくこの街で生きて行くから

叶わなかった夢を わかんなかった君の泪
その全てを光と影 空に消えてゆく

しんしんと降り出した雪が 僕らの思い出を包み込んでゆく
さようなら 君と出逢って人を愛する苦しさを知りました…
さようなら 君と出逢って人を愛する苦しさを 喜びを知りました


ミニ情報
アルバム「リボン」収録曲
アルバム「ゆずのね 1997-2007」収録曲
ゆずの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
しんしん/ゆずの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ