背中で聞こえるユーモレスク - ASKAの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

背中で聞こえるユーモレスク  ♪  ASKA
作詞 : ASKA・GORO MATSUI
作曲 : ASKA

もしもそのとき もしあなたが
もしもそのとき もしわたしが
ひとりになって暮らしていたら
いつかもう一度恋をしましょう

同じところを繰り返す 君の歌声を聴きながら
窓の向こうを流れてる 時間を僕は眺めていた

それは鮮やかな風の形のラストシーン
桜三月の 花に消えた
あのときふたりはフレンチ映画の中だった
なぜか終われない気がしてた

愛する人と歳をとる
好きだった人を懐かしむ

やがて穏やかに花びらは川になり
桜三月の 空を埋めた
過ぎてゆく日々をもう誰も
責めることはない
背中で聞こえる ユーモレスク

この窓を照らして
陽は昇り沈む
何も変わらない
終わりにさえも続きを見ている

ふりかえる道に残る足跡は
どれもふぞろいで どれも美しい
置き忘れてきたものがあったとしても
いまあのときの君が そばにいる


ミニ情報
アルバム「SCENE III」収録曲
ASKAの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
背中で聞こえるユーモレスク/ASKAの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ