望郷よされ 広野ゆき 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

望郷よされ  ♪  広野ゆき
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 鈴木征一

海に出ようと故郷の川へ
鮭は戻って 行くと言う

木枯らしまでが じょんから三味(じゃみ)に
なぜか聴こえる 都会(まち)ぐらし

よされ よされ 望郷よされ
母の 顔見に 帰ろか明日(あす)はー。

止める母の手振り切りながら
恋に走って 幾年(いくとせ)か

夜汽車を送るなみだの顔が
瞼閉じれば また浮かぶ

よされ よされ 望郷よされ
遅いけれども 帰ろか詫びにー。

愛を失くした女の身には
いまは恋しい 雪便り

あの日のように凍(しば)れる指で
もいちど弾きたい 太棹(ふとざお)を

よされ よされ 望郷よされ
明日(あす)と 言わずに 帰ろか夢でー。


広野ゆきの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
広野ゆき「望郷よされ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ