morning SHAKALABBITS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

morning  ♪  SHAKALABBITS
作詞 : UKI
作曲 : MAH

いつかまた会えるなんて
言えずにただ汽車を待っていた
夜の乾いた風にも
背中を押され泣きそうだ

揺れながら踏み出した
冷たいシートの隅に埋まって

窓のフレームには距離を置いて君が
小さく手を振る姿 やがて人の渦にかき消されてゆく

すれ違うフラッシュが焼きついて
真っ白く時を飲み込んだ
夜の乾いた風音に
乗り継いで耳を傾ける

揺れながら浮かべては消してく
柔らかい場所に目を閉じた

茶色いソファ ギターと寝ころんだ君の
隣に落ち着いて眠る 夢は特別なお話
そのまま君の優しさに頼っていたら
あたしはきっと目覚めなかった

朝がこんなにもキレイで
ありのままを包み込むから
いつかまた会えるなんて
切り立ての髪揺らしてつぶやいた

窓のフレームには色づいた木々と
懐かしい眺めが広がって伸びる
あたたかい風が呼んだメロディの中を
泳いで息を吸い込んで
踏み出した跡 真っすぐに続く
思い出すたび強くなれるよ
君がくれた歌には魔法があるから


ミニ情報
アルバム「CRIMSON SQUARE」収録曲
SHAKALABBITSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SHAKALABBITS「morning」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ