京しぐれ 三代沙也可 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

三代沙也可
公式サイト
京しぐれ  ♪  三代沙也可
作詞 : 松井由利夫
作曲 : 伊藤雪彦

嵯峨野(さがの)霧雨 夕まぐれ
指にこぼれる 京しぐれ
濡れてはらはら 散る竹の葉に
影は泣いても 戻れはしない
この命かけました 恋の道

口とこころは うらはらに
情け重ね着 京鹿(か)の子
涙 絵染(えぞ)めの 西陣(にしじん)しめて
たとえ世間に 背(そむ)かれようと
この人に よりそうと決めた道

髪のみだれに 鐘(カかね)の音(ね)が
沁(し)みて切ない 京しぐれ
匂い袋の 小さな鈴を
胸にしのばせ
こらえてたえて この恋に
生きてゆく おんな道


三代沙也可の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
三代沙也可「京しぐれ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ