平舘哀歌 - 上杉香緒里の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

上杉香緒里
公式サイト
平舘哀歌  ♪  上杉香緒里
作詞 : 松井由利夫
作曲 : 水森英夫

汽笛ばかりで 沖行く船の
影も見えない 平舘(たいらだて)
いさりび海峡 男は懲(こ)りた
懲りて覚えた 酒なのに
隣りに誰かが いてくれりゃ
そんな弱音が ついほろり

潮のつぶてに 霙(みぞれ)がはしる
窓をきしませ 風が哭(な)く
おもかげ海峡 昨日も今日も
冬のさきぶれ 荒れ模様
故郷に残した 妹が
やけに恋しい こんな夜(よ)は

男らしさも ひと皮むけば
しょせん気儘(きまま)な 海つばめ
おんなの海峡 こぼれ陽させば
はるか蝦夷地(えぞち)の あの空に
小さな幸福(しあわせ) 抱けそうな
ちがう明日が 見えてくる


上杉香緒里の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
平舘哀歌/上杉香緒里の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ