sunrise ORANGE RANGE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ORANGE RANGE
公式サイト
sunrise  ♪  ORANGE RANGE
作詞 : ORANGE RANGE
作曲 : ORANGE RANGE

南の島より2時間巻いて 入り込んだ夜明け
猛スピードで 車が去って
落ちた枯れ葉舞ってく 東の空は毎晩変わらず始まりを告げて
ムチ打たれるように力絞り出し 人がまた動き出す
光と闇の隙間 限られた時間 たまった全てを消化する空間
青い世界包まれながら 頭 体今cool down
でもなぜか どこか憂鬱なこの時間はあっという間
気づけば空に日は昇った

目に飛び込む光まぶしくて 終わりを告げる朝日Sunrise
青白い世界に包まれて 始まり告げる 朝日Sunrise
そしていつしか眠りについて またふと何かに目が覚めて
テレビを見つめて朝を待つ 砂嵐が目にこびりつく
空を黒く塗りつぶすよ 悲しみが ため息が
日の出まであと少し 白が黒を包み込むよ
光を遮るモヤモヤも 心をウロチョロしてる不安も
朝の目覚めの一杯に いっぱいに 牛乳の中に溶かして飲み干せSunrise

どこかに夢でも落ちてないだろうか
とか、意味もない事を考えたりするこの雰囲気が好き
なんてこれもまた独り言 自己満足にすぎない
決して自分を見下してるわけでもなく、ただこの雰囲気が好き
包まれてるような気がして 何もかも気にしなくて
ボーッとしているだけで 心地よく感じる
光を浴びた蝶のように 感じたい
さまよっているこの空間を ただ独り占めしたい

目に飛び込む 光まぶしくて 終わりを告げる朝日Sunrise
青白い世界に包まれて 始まり告げる 朝日Sunrise


ミニ情報
アルバム「Иatural」収録曲
アルバム「裏 SHOPPING」収録曲
ORANGE RANGEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ORANGE RANGE「sunrise」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ