螺旋階段 椿屋四重奏 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

椿屋四重奏
公式サイト
螺旋階段  ♪  椿屋四重奏
作詞 : 中田裕二
作曲 : 中田裕二

朝もやがまた君を さらうように包み隠した
かさぶたに触れながら 黙ったまま背中で逃がした

気後れの度に間に合わせた
慣らした嘘は手放して

重なる度に溺れて 口づけで息を止めて
なけなしの夢の中で 継ぎ足した幸せを
行方知れずの心と 高鳴る胸を鎮めて
恋と呼ぶには あまりに
救われない気がして仕方ないんだ

恋路の果てに見えた 紫の夕闇の中で
手渡すのは悲しみ 温かな涙と引き換えに

咎(とが)める言葉が床に落ちて
諦めと運命(さだめ)の境目

誤魔化しきれずに もう何も見えずに
ひたすら記憶に踊らされていた
閉まったら開いて 閉まったら開いて

いつか捧げた思いは 幻に変わり果てた
君が強く望むなら 罪をまた紐解こう
力任せに求めて 隙間無く愛で染めて
朝が来れば消えてしまうから

恋と呼ぶには あまりに
救われない気がして仕方ないんだ


椿屋四重奏の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
椿屋四重奏「螺旋階段」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ