きらり GOING UNDER GROUND 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GOING UNDER GROUND
公式サイト
きらり  ♪  GOING UNDER GROUND
作詞 : 松本素生
作曲 : 松本素生

思い出と約束を残したまま
過ぎていく夏の日は蜃気楼
さよならと手を振ったあの日から
別々の毎日を生きてはきたけど

時間(とき)は砕けるダイアモンド 輝きだけを残して
胸の奥が痛むのは みつめあったあと僕らの
指切りが無意味だと知ってたから

今季節が流れました
触れあうことも できないままの僕らを置いて

変わっていく街並みを眺めては
目を伏せた美しい君を覚えている

まるで僕らはダイアモンド 傷つく程に奇麗だ
部屋の小さな窓から 見上げた星は僕らに
教えてる暗闇と光り方を

今景色も流れ出して
忘れることも できないくせに
ただ夜明けを目指して
はかないメロディー 言葉を手にし

早くなった夕暮れ 残ってしまった花火と
言えないで海へ投げた想い

伝えなくちゃ…

今季節が流れました
忘れることは できないけれど

今その手を離して
生まれるメロディー 光を手にし

ジュエリーズ


ミニ情報
「MUSIC.JP]CMソング
GOING UNDER GROUNDの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GOING UNDER GROUND「きらり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ