アムリタ - 牧野由依の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 牧野由依
公式サイト

アムリタ

 ♪ 

牧野由依

作詞 : かの香織
作曲 : かの香織

聴かせて懐かしい歌を
遠くで口ずさんで
聖なる蜜のように夢のように
その中で眠らせて
どうして世界は逆さに無力に流れてくの?
夕焼け
いつか見た茜雲
そばにいれないその代わりに

銀色の雨が降ってきたら私だと思って
涙を拭いて
まっすぐに肌に落ちる流星
降り続けて その肩に蜜雨(アムリタ)

大地が泣いている夜を
感じる心でいて
あなたの傷口が痛むなら
空に願いの弓矢を撃つ

銀色の雨が降ってきたら私だと思って
時間を止めて
地平線 響き渡る雫
確かなもの
あの日々に蜜雨

銀色の雨が降ってきたら私だと思って
涙を拭いて
まっすぐに肌に落ちる流星
あなたに降る 雨になる
蜜雨


ミニ情報
映画「ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君」主題歌
牧野由依の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
What A Beautiful World
TABOOLESS
レインボウ・メロディー♪
ラッキー!サプライズ☆バースデイ -for Laala-
ワールドツアー
星に願うなら
Pastel Town
88秒フライト
アルメリア
グッバイ・マイ・フレンド
アムリタ/牧野由依の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ