光色のかけら - 愛内里菜の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

愛内里菜
公式サイト
光色のかけら  ♪  愛内里菜
作詞 : 愛内里菜
作曲 : 岩井勇一郎

何を守ろうとしていて 何を守りたかったのか
思いあぐねる胸を何度痛めただろう?
動けずに目を閉じてたよ ここに存在することに
おびえながら 何も見えないフリをつづけてた

真実を最初から疑い
確かな言葉は風に流され…

この涙の果てに見つけた光色のかけら
誰も奪うことはできない 守ってみせるよ
僕らは生きているんだから 悩んでゆけばいい
意味を見つけたいからこそ悩み
大切な痛みを知ってくよ

流れてく雲の行方は 分からないものだけれどね
まるで夢をのせて 運んでいるようだった
何が“イイコト”かなんてね 終わってみなきゃ分からない
だからこそ そう僕らは 今を生きたいと思える

大きな流れの中のちっぽけな僕らを
とりまくものは多すぎるけど…

この涙の果てに見つけた光色のかけら
誰も奪うことはできない 守ってみせるよ
出来事は幸せなことばかりじゃないけれど
僕らに与えられた特別なものだから
通りすぎないでいて

ここに見え、聞こえるものがすべてキレイゴトじゃないと僕らは知っているなら
目をそらさずに、強くあることだけだよ。

この涙の果てに見つけた光色のかけら
誰にも奪うことなんてできないけれども
きっと強くなった僕は これから出会ってく
大切な人に光色のかけらをずっと与えてゆけるだろう


ミニ情報
アルバム「COLORS」収録曲
愛内里菜の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
光色のかけら/愛内里菜の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ