願い - ケツメイシの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

願い  ♪  ケツメイシ
作詞 : ケツメイシ
作曲 : ケツメイシ

暗い世界 暗い時代の果て
笑い合い 笑いたいのになぜ
涙を流すの 声を殺すの
人の上に人はいないのに なぜ…

争い事 絶えない世の中
また歴史は同じ道をたどる愚かさ
罪のない子供 力ない者から
消されて行く その優しい心が
その銃の重さ知らないが 命の重さぐらい伝えたい
ばらまかれた欲望のかたまりとの戦い
まだ終わらない 止まらない
誰のため 何のため 兵士さえ戦う意味も知らず
人々のため 国のためなら なぜまた黒い雨を降らす
神さえ止められない 祈りさえ届かない
持たざる者が 泣くしかない
また いつ笑い合えるのか?
この歌 心に響くのか?

暗い世界 暗い時代の果て
笑い合い 笑いたいのになぜ
涙を流すの 声を殺すの
人の上に人はいないのに

また世界のどこかで 起こる様は世の果て
メディア 電波 ニュース ネット
乗って届く ここまで
守る者があって 頼る物があって
皆 同じ様にこの星に生まれ立って 何で?
容赦ない 鉛玉が子供達に降り注ぐ
望まない ミサイルをまたミサイルで 撃ち落す
その影で 誰かまた でかい兵器売り飛ばす
その理由(わけ)もう一度考えろ 罪と罰
過ちも薄れる 戦いを続ける
思いやりに愛を 足さないと崩れる
鳴り響く銃声の中に生きる執念は
お互い様ならば もう止めにしないか?
憎しみや怒りからは もはや何も生まれない
浮かれたい ただ笑い声のでかさ比べたい
繰り返す人はまた 同じことがどこかで
届かねぇ 俺の声は もう もはやそこまで

暗い世界 暗い時代の果て
笑い合い 笑いたいのになぜ
涙を流すの 声を殺すの
人の上に人はいないのに なぜ…

朝昼晩 いつ点(つ)けてもテレビから流れる暗いニュース
目を背けずに見るが 瞑(つぶ)りたくなる目
塞ぎたくなる耳を手の平で
僕らに何か出来るかも分からず 歌い続ける
この声の先は遙か彼方に いやまずは傍にいる君の元に
届いたなら まずは君一人
でも変わってく この先のヒストリー
人 一人の命の重み 感じて変わって行こう人類
笑顔で 暮らす事の意味 笑顔を奪い去る 事の罪
いつまでも止まらぬ 権力主義
なくすため日々 託す僕らの思いを

暗い世界 暗い時代の果て
笑い合い 笑いたいのになぜ
涙を流すの 声を殺すの
人の上に人はいないのに なぜ…


ミニ情報
アルバム「ケツノポリス4」収録曲
ケツメイシの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
願い/ケツメイシの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ