秘密基地 高田梢枝 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

高田梢枝
公式サイト
秘密基地  ♪  高田梢枝
作詞 : 高田梢枝
作曲 : 高田梢枝

あの頃の小さな僕が見上げる 空はほんとうに広かった
好きな人をこの手で 守れると思っていた 本気で

どうして背が伸びない それが悔しかった

わがままをまだかわいいと勘違いしていたんだ ずっと
あきらめることなんて思い浮かばなかった ただ前を向いてた
でも、、、

できないことばかりで 早く自由になりたくて

いくら手を伸ばしたって 届くはずのない 大きな大きな空
でも僕はなんにも疑うこともなく キレイな未来を信じてた
悔しいことがあると こらえ切れなかった 大きな大きな涙
でもあのときの僕の目は何より輝いてたと思う

あれから随分背も伸びて 世の中のこと少しわかって
一生懸命がカッコ悪くて 冷めたフリして歩いていたよ
でも、、、

中途半端な僕には なにひとつできなかった

いつからか僕はきらめく明日を信じてたことさえ忘れて
自分を守るためにたくさんの大切なものを傷つけてた
遥か遠く真上の空の向こうに 何があるか知りたくて
「大人になったら必ず行くんだよ。」って 約束したんだ

いくら手を伸ばしたって 届くはずのない 大きな大きな空
でも僕はなんにも疑うこともなく キレイな未来を信じてた
悔しいことがあると こらえ切れなかった 大きな大きな涙
でもあのときの僕の目は何より輝いてたと思う

あの頃の小さな僕が見上げる 空はほんとうに広かった
好きな人をこの手で 守れると思っていた 本気で


ミニ情報
アニメ「交響詩篇 エウレカセブン」エンディングテーマ
アルバム「雨天決行」収録曲
高田梢枝の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
高田梢枝「秘密基地」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ