四季 - アンダーグラフの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

アンダーグラフ
公式サイト
四季  ♪  アンダーグラフ
作詞 : 真戸原直人
作曲 : 真戸原直人

新たな知識を手に入れる度に 今までの自分を崩しながら歩く僕らは
いつも自分の事綺麗に見えるように 誰かを否定する事覚えて逃げ回ってた

約束は果たしてないけど 嫌な自分も連れて進むと決めた
プラスチックの心でまた 過ぎ去る日を感じてみよう

春夏秋冬 僕達は愛し愛され年を重ねてく
青赤白黒 色とりどりの日々を作り 夢を描き
歩いていけるさ まだ見ぬ向こう側へと

甘える事など出来ないくらいに 競い合いせめぎ合い生きている毎日では
本当の自分も優しい自分も 見失いそうで恐いけれど仕方ないかな

眠る前に君の事を考えて少しラクになるよ
クタクタになった体でまた 会いたい想い 募ってくけど

十人十色のこの世界 様々な想いが行き交うけれども
どれが正しいかわからないから 自分で選びそれを進む
間違いはないさ それが明日へとつながる

春夏秋冬 僕達は愛し愛され年を重ねてく
青赤白黒 色とりどりの日々を作り 夢を描き
不安さえ飲み込み

恋愛夢未来 掴みにくいものばかり求めて 傷つけたりするけど
咲いたり枯れたりしながら 理想の自分を信じて今を信じて
歩いていけばいい まだ見ぬ向こう側へと


ミニ情報
アルバム「ゼロへの調和」収録曲
アンダーグラフの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
四季/アンダーグラフの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ