人知れず 胸を奏でる 夜の秋 プリプリピンク 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

人知れず 胸を奏でる 夜の秋  ♪  プリプリピンク
作詞 : つんく
作曲 : つんく

涙のいいわけ 過ぎ去った 恋愛の後に
スルルっと 小さな 風が散歩した
変わらぬふるさと
変わらぬ台所食器も
全部を知ってて 慰めてくれる

少し歩く 卒業した母校
グランドには無邪気な 私の記憶

今だから 感じられる
ぬくもりを知った
でね やさしさを覚えた
少しずつ 臆病にも
なってくもの?
ならば 振り帰らず行くわ
今日は 続いてる 明日へ

昔の恋人 片思いをしてた 先輩
みんな今頃は きっと いい大人ね

私だって 見た目は都会派
地元のおばさん達 驚かせてる

今だから あんなことも
笑えるわ
なんか 小さすぎて 不思議
「大好き」が いつのまにか
他の色 してた
毎日 乗り越えること 必死だった
夜の秋

今だから あんなことも
笑えるわ
なんか 小さすぎて 不思議
「大好き」が いつのまにか
他の色 してた
毎日 乗り越えること
必死だった 夜の秋


プリプリピンクの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
プリプリピンク「人知れず 胸を奏でる 夜の秋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ