哀愁砂漠 - キム・ヨンジャの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

キム・ヨンジャ
公式サイト
哀愁砂漠  ♪  キム・ヨンジャ
作詞 : 岡田冨美子
作曲 : ひうら一帆

日暮れすぎに風が吹くと
もう少し泣きたくて
都会(まち)の砂漠(うみ)に小舟浮かべ
ゆらりゆらりと漕いでみる
あんたの夜空(むね)に抱かれて見た
三日月いまも覚えてる
しがみついて信じあって
夢の中を走った
東向きの部屋は朝がしあわせ
朝日浴びるたびに女になれた
笑い顔が消えて愛が終わるときに
男女(ひと)が季節を変える

忘れたくてくちびる噛(か)むと
もう少し欲しくなり
都会(まち)の砂漠(うみ)が荒れる夜は
波をかぶって濡れてゆく
あんたに命かけたことを
後悔なんかしないけど
未練ごころ熟いうちは
どこにいても淋しい
忘れ物を取りに来たふりをして
ドアのボタン押して声を聞かせて
久しぶりに逢えば過去へ帰れそうな
甘い予感がつらい

東向きの部屋は朝がしあわせ
朝日浴びるたびに女になれた
笑い顔が消えて愛が終わるときに
男女(ひと)が季節を変える


キム・ヨンジャの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
哀愁砂漠/キム・ヨンジャの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ