旅路の女 永井裕子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

永井裕子
公式サイト
旅路の女  ♪  永井裕子
作詞 : たかたかし
作曲 : 四方章人

雨が降るから 泣けるのか
窓うつ汽笛が 泣かすのか
港 みなとを
あなたたずねて 汽車から船に
春は瀬戸内 日が暮れて
汐(しお)嗚りきいてる かもめ宿

いつか逢えると 信じても
旅路の灯りに 瞳(め)がぬれる
港 みなとを
あなたたずねて 女がひとり
浜のさびれた 居酒屋で
お銚子ころがし 酒に泣く

西へ行っても だめだから
連絡船で 北へ行く
港 みなとを
あなたたずねて 秋から冬へ
星が流れる 岬町
明日はしあわせ 見えますか…


永井裕子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
永井裕子「旅路の女」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ