桜の隠す別れ道 平川地一丁目 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

平川地一丁目
公式サイト
桜の隠す別れ道  ♪  平川地一丁目
作詞 : 林龍之介
作曲 : 林龍之介

桜の花 風に泳いでいる
小さな波 光り輝いている
今思い出と 重ねられる時
あの日の二人を思い出すよ
てれくさく 距離をおき
真っすぐ見れなくて
作った笑顔 鏡で見ては おかしくて
はじめから 三年と
決められた 月日に
追いかけられて 二人の場所
夢を語り合う

山が青く 近くに見えるよ
川の流れ 春をよろこんでいる
今思い出と 重ねられる時
あの日の背中を思い出すよ
いることが 当たり前
さよならするなんて
まばたき程の 短い時間 三年は
これからと 過ぎた時間(とき)
何故(なぜ)違うのだろう
笑い顔だけ 思い出せれば
いいけれど
涙の数 悔やむ数 少ない方がいい
思い出す度 その時だけが よみがえる
散る花の 向こう側
少しづつ小さくなる
泣いてるの? 笑ってるの? もう届かぬ
うしろ姿が

今思い出とさよならをする時

春が告げる出会いと別れを


ミニ情報
アルバム「えんぴつで作る歌」収録曲
平川地一丁目の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
平川地一丁目「桜の隠す別れ道」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ