哀愁交差点 ジャパハリネット 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ジャパハリネット
公式サイト
哀愁交差点  ♪  ジャパハリネット
作詞 : 鹿島公行
作曲 : 鹿島公行

夕暮れが灯す頃
笑顔はどこか切なかった
厳しい大人の 社会では
いつものように無力だった
意味があろうとなかろうと
想えるように生きたかった
悲しむ姿見ようとも
俺は俺でありたかった
何時(いつ)みても
無様(ぶざま)ねえよ
俺も世間も無様だ
無器用なのかダラしないのか
心が弱いのか 哀愁漂うあの街へ
いつの日か胸を張って
「帰ってきたよ」 そう言いたくて
いつの頃か歩き出した
ただひたすら認められたくて

哀愁なんてどこにもなかった
街の色は透明だった
オレンジ色の田舎の景色は
どこにも見当たらなかった
右も左も解らなくて
とにかく前へ走った
良いか悪いのか
前がどこかも解らなくとも
それでも走るしかなかった
いつの日か胸を張って
「帰ってきたよ」 そう言いたくて
いつの頃か歩き出した
ただひたすら認められたくて
人間模様 哀愁交差点
この真ん中で俺はやれるか
俺は俺で在(あ)り続けるか
そして夢を叶えるか


ジャパハリネットの新着歌詞を見る⇒
ジャパハリネットの人気歌詞を見る⇒
ジャパハリネット「哀愁交差点」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ