きさらぎの川 多岐川舞子 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

多岐川舞子
公式サイト
きさらぎの川  ♪  多岐川舞子
作詞 : かず翼
作曲 : 弦哲也

雪が哀しく 積もりもせずに
冬の流れに 溶けては消える
胸に刻んだ 別れ文字
読めば泣けます 切なさに
どこへ どこへ行きつく
きさらぎの川

旅の日暮れは 瀬音がしみて
こころ綱さに 灯りもにじむ
いのち削った この恋に
なんで幸せ 届かない
未練 未練棹さす
きさらぎの川

夜空(そら)と水面(みなも)に
別れた月は
添えるはずない 二人のさだめ
影を探して 振り向けば
風が野末に 吹き渡る
どこへ どこへ行きつく
きさらぎの川


多岐川舞子「きさらぎの川」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
多岐川舞子の人気曲 この歌手の人気曲一覧

きさらぎの川♪雪が哀しく 積もりもせずに
湖愁♪青い湖 たそがれて 霧がしずかに
秋冬カモメ♪波がちぎれて 岩場を削る
越後平野♪枯れ葉散らして 吹く木枯しが
南国土佐に雪が降る♪北へ行ったら よかったかしら
鳴き砂海岸♪愛にはぐれた 女の胸を
望郷みさき♪海が日暮れりゃ 沖ゆく船に
津軽絶唱♪風がうなれば 山が啼く
飛騨の恋文♪駅舎(えき)に降りれば
石北本線♪未練という名の 傷あとを

多岐川舞子の新曲 この歌手の新曲一覧

北の雪船♪泣くじゃない 俺がいる
東京雨あがり♪明日(あした)を生きる
雨のたずね人♪雨の向こうに 灯りがともる
嵯峨野路ふたり♪迷子のすずめの 竹やぶに
新宿たずね人♪涙こぼした グラスの酒を
海峡たずね人♪手紙の消印 手がかりに
夜汽車の女♪逢えば心が 迷うだけ 別れは手紙で
石北本線♪未練という名の 傷あとを
飛騨の恋文♪駅舎(えき)に降りれば
秋冬カモメ♪波がちぎれて 岩場を削る

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ