番場の忠太郎 - 氷川きよしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

氷川きよし
公式サイト
番場の忠太郎  ♪  氷川きよし
作詞 : 松井由利夫
作曲 : 水森英夫

筑波颪(つくばおろし)も 荒川土手を
跨(また)ぎゃほぐれる 三度笠
顔も知らねえ 瞼(まぶた)の母に
もしも遭えたら 話しのつぎ穂
なんとつけよか なんとつけよか 忠太郎

おかみさん、どうしても倅(せがれ)とは、
忠太郎とは呼んじゃくれねえんでござんすね
母恋しさに流れ流れて幾年月
……あんまりじゃござんせんか!

渡世(とせい)仁義の 切り口上(こうじょう)は
恥の上塗(うわぬ)り さらすだけ
せめてたよりは 親子の絆(きずな)
どんなお人か ご無事でいてか
思うだけでも 思うだけでも 泣けてくる

こうして、両の瞼を合わせりゃ
優し笑顔がうかんでくらあ
もう二度とお目にゃかかりませんが
いつまでも達者でいておくんなせえよ
御免(ごめん)なすって …おっ母さん

二束三文(にそくさんもん) 草鞋(わらじ)の紐(ひも)も
いちどこじれりゃ 捨てるだけ
花のこぼれ灯 水熊横町(みずくまよこちょう)
雪の引き幕 芝居ははねた
どこへ流れる どこへ流れる 忠太郎


氷川きよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
番場の忠太郎/氷川きよしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ