組曲『義経』〜悪忌判官 陰陽座 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

陰陽座
公式サイト
組曲『義経』〜悪忌判官  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

賽(さい)の河原に 打ち捨てる
誓いを染める 白旗(しらはた)
裂ける血汐(ちしお)闇に啼(な)いて
錯誤(さくご)を匕(ひ)とす

伽藍堂(がらんどう)の正義と
現世(このよ)の渾(すべ)てを
呉(く)れてやる 此(こ)の悪の力で
代価(かわり)に 愛の証(あかし)を呉れないか

眩(まばゆ)く満ちる朝と
笥且(かりそめ)の天(そら)を
呉(く)れてやる 此(こ)の夜の力で
帷(とばり)を 染め往(ゆ)く 白

西(さい)の彼方に 押し寄せる
祈りを込める 白浜(しらはま)
哮(たけ)る肉(しし)を 闇に投(な)いで
覚悟は一つと

伽藍堂(がらんどう)の正義と
現世(このよ)の渾(すべ)てを
呉(く)れてやる 此(こ)の悪の力で
代価(かわり)に 哀(あい)の言葉を呉れないか

眩(まばゆ)く満ちる朝と
笥且(かりそめ)の天(そら)を
呉(く)れてやる 此(こ)の夜の力で
帷(とばり)に 散り逝(ゆ)く 赤

昏(くら)き み空は
心まで 癈(はい)に堕(お)ちる
赤い膿(うみ)も 白い衣(きぬ)も
黒き傲(おご)りに澱(よど)み

伽藍堂(がらんどう)の正義と
現世(このよ)の渾(すべ)てを
呉(く)れてやる 此(こ)の黄泉(よみ)の力で
代価(かわり)に 燃える最期(さいご)を呉(く)れないか

眩(まばゆ)く満ちる朝と
笥且(かりそめ)の天(そら)を
呉れてやる 此(こ)の愛の力で
幾瀬(いくせ)も 栄(は)ゆるは 黒


陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
陰陽座「組曲『義経』〜悪忌判官」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ