不知火情話 八代亜紀 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

八代亜紀
公式サイト
不知火情話  ♪  八代亜紀
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 岡千秋

不知火(しらぬい)ともしに 帰らんね
死んでもよかよ 今でもあんた
生まれ火の国 女は熟か
心は他人(だれ)にも 許してないの
「あんた 逢いたか…」
乳房(むね)の芯(しん) まで乳房の芯まで
ああ…逢いたかね

不知火ゆらして 飲みたかね
嘘でもよかよ もう一度あんた
惚(ほ)れてこぼした女の涙
球磨川(かわ)に流して あしたに生きる
「あんた 切なか…」
酔えば今でも 酔えば今でも
ああ…切なかね

不知火枕に 眠らんね
夢でもよかよ 隣りであんた
抱けば昔に 女はもどる
右手の匂いも 忘れてないの
「あんた 淋しか…」
小指(ゆび)の先まで 小指の先まで
ああ…淋しかね


八代亜紀「不知火情話」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
八代亜紀の人気曲 この歌手の人気曲一覧

雨の慕情♪心が忘れたあのひとも
舟唄♪お酒はぬるめの 燗(かん)がいい
追憶の面影橋♪やさしい人と 暮らしています
鰻谷♪あんたはあほや 夢ばっかり見てほんまにあほや
母と娘の10,000日 〜未来の扉〜♪柔らかな陽だまりに座り昔話をしている
役者♪吹雪 地吹雪 背にうけて
不知火情話♪不知火(しらぬい)ともしに
女心と秋の空♪港のまちに住む人に 風の便りにのせましょう
立ち呑み『小春』♪こゝは通天閣のお膝元
不知火酒♪ふらり降りて 枕木踏めば

八代亜紀の新曲 この歌手の新曲一覧

母と娘の10,000日 〜未来の扉〜♪柔らかな陽だまりに座り昔話をしている
JAMAAS 真実はふたつ♪わたしが生まれた日 父さんもそして誰も
この広い宇宙(そら)のかなたで♪この広い 宇宙(そら)のかなたで
追憶の面影橋♪やさしい人と 暮らしています
五月雨の道♪この道はあなたと来た道
クレオパトラの夢♪何時まで 飲んでいられるの
人生の贈りもの♪ここに生まれ 時をかさねて
一枚のLP盤(レコード)♪今は動かない 色あせ古びた蓄音機
CRY ME A RIVER♪Now you say you're lonely
雨の慕情♪心が忘れたあのひとも

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ