惜春 山本サヤカ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

惜春  ♪  山本サヤカ
作詞 : 川村サイコ
作曲 : D・A・I

最後の荷物 まとめ終わって
父さんが ぼんやりと
畳の縁(へり)さすった
「遅くなるから そろそろ行こう」
肩たたき 叔母さんさん笑う

台所の灰皿は
母さんの匂いがする
弟の友達が Ah-
手を振った

見慣れた風景が 涙で 滲んでく
幸せが 両手から こぼれ落ちる
春 まだ 浅きまま

遠くに白い 校舎が見える
春休み グランドが
夕焼けに染まり始める
部屋の棚に 隠したノート
君だけは 忘れないでね

携帯に残っていた
母さんの不在通知
聞かないで 消してしまう
今日はもう

大人にならないと
わからないないものが有る
真実は 私には 幼すぎて
雪 さえ 舞ってきた

4人で笑ってる 1枚だけの写真
桜咲く 校門で 2年前の
春 まだ 浅きころ
浅きころ


山本サヤカの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
山本サヤカ「惜春」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ