ほんの小さな過去だから 増位山太志郎 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

増位山太志郎
公式サイト
ほんの小さな過去だから  ♪  増位山太志郎
作詞 : 紙中礼子
作曲 : 花岡優平

たった一度の この世の旅路
生命(いのち)の足跡 続く道に
秋が来て ひとひらの 枯葉が舞う
季節は巡る それだけさ
どんな涙も この胸の
ほんの小さな過去だから

やっと出逢えた おまえと俺さ
生きてる限り 明日(あした)がくる
冬を越え 春が来て 微笑(ほほえ)むように
陽(ひ)だまりひとつ 影ふたつ
どんな涙も この胸の
ほんの小さな過去だから

そっと結んだ 心と心
光を見つめて 歩き出そう
哀しみは どこまでも 哀しみでも
季節は巡る それでいい
どんな涙も この胸の
ほんの小さな過去だから


増位山太志郎「ほんの小さな過去だから」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
増位山太志郎の人気曲 この歌手の人気曲一覧

泣き虫♪つらい思いで 生きてくよりは
②ほんの小さな過去だから♪たった一度の この世の旅路
あき子慕情♪雨が霙(みぞれ)に かわる夜
京都二寧坂♪春も待たずに ほころぶ花に
白雪草♪抱けばはかなく 散りそうな
男の舞台♪本所両国 隅田の川の 土手の川風
酒みれん♪こころも躰(からだ)も
奥能登しぐれ♪行くも帰るも 日本海 輪島
夢の花 咲かそう♪まわり道がすきだね 遠まわりがすきだね

増位山太志郎の新曲 この歌手の新曲一覧

泣き虫♪つらい思いで 生きてくよりは
ほんの小さな過去だから♪たった一度の この世の旅路
酒みれん♪こころも躰(からだ)も
京都二寧坂♪春も待たずに ほころぶ花に
白雪草♪抱けばはかなく 散りそうな
奥能登しぐれ♪行くも帰るも 日本海 輪島
あき子慕情♪雨が霙(みぞれ)に かわる夜
夢の花 咲かそう♪まわり道がすきだね 遠まわりがすきだね
男の舞台♪本所両国 隅田の川の 土手の川風

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ