自分のこと 乃木坂46(中元日芽香) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

自分のこと  ♪  乃木坂46(中元日芽香)
作詞 : 秋元康
作曲 : 小松清人

自分のことが好きじゃなかった
だからずっと俯(うつむ)いていた
誰かが手招きしてくれても
そう素直に心を 開(ひら)けなかった

苦手なこととかできないこと
気づかされて自信なくした
いつかきっと叶うと信じた夢は
知らぬ間に重たくなっていた

少し休もう 今だけここで立ち止まり
またいつの日にか ゆっくり歩き出せばいい

自分のことがわからなかった
なぜ私はここにいるのか?
何を求められてるのだろう
真っ暗な闇の中でもがいてた

冷静に やっと話せる

まわりの誰かと比較されて
自分らしさ 捨てようとした
他人(ひと)と違うことはいけないのかな
この場所が息苦しくなった

少し休もう 今だけここで立ち止まり
またいつの日にか ゆっくり歩き出せばいい

過去のすべては ここまで続く一本道
つらかったことも いつしか輝き続けるよ

少し休もう 今だけここで立ち止まり
またいつの日にか ゆっくり歩き出せばいい

自分が少し好きになれたよ
やっと笑顔になれた気がする
これから先の長い未来が
ワクワクして楽しみになって来た

もう 何も後悔はない


ミニ情報
アルバム「僕だけの君 〜Under Super Best〜」収録曲
乃木坂46(中元日芽香)の新着歌詞を見る⇒
乃木坂46(中元日芽香)の人気歌詞を見る⇒
乃木坂46(中元日芽香)「自分のこと」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ