鬱病 Su凸ko D凹koi 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鬱病  ♪  Su凸ko D凹koi
作詞 : どい
作曲 : どい

鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱病!
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱病!

理由もないのに涙が溢れてくるんだよ
息をすうのも辛いんだ
とにかく消えたいよ

なんにも全くはかどらない
こうなったのはいつからだ
『ごめんなさい』が止まらない
お願い、見捨てないで

これを現代では鬱というらしい
漢字通りの難しい病気らしい

はじめは些細なことだった
人の笑い声が辛く
知り合いに会うのも怖くなり
どこにも行けなくなった

薬だけを増やす
太ったお医者さん
それでもこんなものが僕には必要だよ

僕が僕でいることが
なんで難しいの?
僕が僕でいるほどに
僕は壊れていく

鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱病!
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱病!

甘えだなんだと罵られ
あの会社はクビになり
冷たい視線の両親に
何にも言えずにいる

最初は連絡きてたけど
今は鳴らない着信音
いてもいなくても同じさ
ああ今日も眠れないよ

生きる理由がなくて
終わる理由もない
ただここにいるよ
まだ僕は僕でいるよ

僕が僕でいることが
誰の幸せなの?
僕が僕でいるほどに
僕は苦しいのに

涙流す日々に
なんの意味があるの?
ただ僕は僕で
生きてたいだけなのに

僕が僕でいることが
僕の幸せなの?
僕が僕でいるほどに
僕とはぐれていく

あした朝がくることが
幸せと思えたら
夜がきたらおやすみと
誰かに言えたのなら


ミニ情報
アルバム「「一寸先は闇、一寸先は光…どうなるかは自分次第だ。」と言った元カレの後ろに私は計り知れない闇をみた。」収録曲
Su凸ko D凹koiの新着歌詞を見る⇒
Su凸ko D凹koiの人気歌詞を見る⇒
Su凸ko D凹koi「鬱病」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ