普通の水 NMB48(Team BII) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

普通の水  ♪  NMB48(Team BII)
作詞 : 秋元康
作曲 : 前迫潤哉・Yasutaka.Ishio

ラーメンの丼(どんぶり)の底を箸で何度も掬(すく)いながら
麺が引っかからないか ぐるぐるかき混ぜた
本当はとっくにわかってる もう何にも残ってないこと
俺たちの関係もいつの間にか終わっていた

安っぽい合板のカウンターで
(一人きりは寂しすぎて席を立つなんてできない)
有線で流れる懐かしい痛み
(憂歌団だって思い出したよ)
心がしょっぱくて…

コップの水が旨かった
ただそれだけで泣けて来た
おまえがこんな好きなら
ちゃんと言えばよかったんだ
路地裏の見落としそうな暖簾をくぐって
大切な何かに気づくなんて遅すぎるよな

ラーメンのスープまで全部飲んで 大きく息を吐いて
カロリー摂りすぎだって ちょっと後悔した
確かメンマが嫌いだったね?未練がましいこと思い出す
あの頃は黙々とおまえの分もメンマ食べた

愛って 一体何なんだろう?
(お互いのこと思いやれるやさしさと余裕かな)
店の戸を開けたら 風が吹いて
(火照った頬が不意に痛かった)
涙が出て来るよ

普通の水が旨かった
浄水器のない水道水
別れたくなかったんなら
かっこつけなきゃよかったよね
交差点に思い残し 背中向けた
ちっぽけな自分が嫌になって 空き缶蹴った

例えばここでラーメン食べてなかったら気づかない
こんな普通の水をありがたく思わないだろう

コップの水が旨かった
ただそれだけで泣けて来た
おまえがこんな好きなら
ちゃんと言えばよかったんだ
路地裏の見落としそうな暖簾をくぐって
大切な何かに気づくなんて遅すぎるよな


NMB48(Team BII)の新着歌詞を見る⇒
NMB48(Team BII)の人気歌詞を見る⇒
NMB48(Team BII)「普通の水」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ