追憶のふたり Uru 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

追憶のふたり  ♪  Uru
作詞 : Uru
作曲 : Uru

気付いていた 優しい嘘
千切れるように遠ざかる
消えていく追憶のふたり

どんな風に生きていたの
歩き疲れたその足で
幽かな灯をともしては一人
泣いていたの

伝えたかったはずの言葉は
喉の奥 するりするりと
通り過ぎては音を失くして
涙に代わっていく

あなたの事を想う度に
幸せであるよう願っていたよ
もしも叶うのなら
最後に一度だけでいい
抱きしめて欲しかった

どんな夜を 過ごしていたの
夢から覚めた後でも
その続きを見るように一人
震えていたの

手を繋いでは その輪郭を
なぞるように確かめ合ったね
結んだ糸を 解いてくように
涙が溢れていくだけ

あなたに恋い焦がれ
あなたを愛した
確かな時間があったから
どんな運命だって
許せてきたでしょう
なのにこんなに胸が苦しいのは

私の中にまだあなたがいて
いつかまた会える日を待ってたから
たった一度でも心通わせた日々を
二人を

あなたの事を想う度に
幸せであるよう願っていたよ
もう会えないとしても
あなたと同じ時間を 明日を
生きていくよ


ミニ情報
映画「悪と仮面のルール」主題歌
アルバム「モノクローム」収録曲
Uruの新着歌詞を見る⇒
Uruの人気歌詞を見る⇒
Uru「追憶のふたり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ