鏡 カサリンチュ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

カサリンチュ
公式サイト
 ♪  カサリンチュ
作詞 : 古内東子
作曲 : 村山辰浩・松浦晃久

聞こえないふりした最終電車の知らせ
あと数分だけでも二人でいたくて
滑り込んだドアの向こう あなたは帰ってくどこかへ

いつも私が追いかけてた
初恋をした時みたいに あなただけに恋した
夢を見たの 二人の未来
会えなくなってから気がついたの
あなたには愛している誰かがいるってこと

ベランダに残ったビールのボトル見るたび
幸せと寂しさ 2つを感じた
冷たい風 あなたはもう二度とこの部屋には来ないね

たぶんあなたにはわかってた
歪んだ鏡見るみたいに 終わりのある恋だと
嘘のない笑顔が好きだよ
いつも言ってくれたそのあなたが
こんなにも涙色に染めたの

街の流れに飲み込まれてもまだあなたを探してしまうの

いつも私が追いかけてた
初恋をした時みたいに あなただけに恋した
夢を見たの 二人の未来
会えなくなってから気がついたの
あなたには愛している誰かがいるってこと


ミニ情報
アルバム「待つ、うらら」収録曲
カサリンチュの新着歌詞を見る⇒
カサリンチュの人気歌詞を見る⇒
カサリンチュ「鏡」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ