紡ぎノ島 fumika 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

fumika
公式サイト
紡ぎノ島  ♪  fumika
作詞 : hotaru・fumika
作曲 : 中崎英也

潮風に触れたなら
まだ夏空の香りがした
路地裏の雑草は
ほら 揺れながら生きているの

涙が落ちた 水たまりさえ 海が受け止めてくれる
海岸通り 遠く見上げて 過去と未来を 抱きしめながら

海の向こう 手を振るよ
寄せては返してく 波間に
いつまでも 変わらないもの
海を越えて 時を越えても
私はずっと ここにいる

貝殻に耳澄まし
あの思い出が聴こえてくる
忘れてた記憶さえ
今の私に息づいてる

喜び一つ 悲しみ二つ 数えて立ち止まっても
砂に消えた あの絵のように やがて強さに 変わってゆくよ

空の向こう この声を
波音に重ね届けたい
どんなときも ここで歌うよ
長い夜も 冷たい朝も
いつもあなたを 見つめてる

何気なく差す朝日は
日陰を照らして 街を包むよ
いつも ずっと ここにある
いつも きっと 見守ってる

海の向こう 手を振るよ
寄せては返してく 波間に
いつまでも 変わらないもの
海を越えて 時を越えても
人の想いは 紡がれる


ミニ情報
ドラマ「神宿る島」主題歌
fumikaの新着歌詞を見る⇒
fumikaの人気歌詞を見る⇒
fumika「紡ぎノ島」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ