水槽 amazarashi 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

amazarashi
公式サイト
水槽  ♪  amazarashi
作詞 : 秋田ひろむ
作曲 : 秋田ひろむ

車両基地のレールが 喘息みたいに軋む音がして 雨が近いことをさとる
ショッピングモールの駐車場では ベンチに腰掛けた春が ATMが開くのを待っていた
陽射しは依然、退屈な音量で オルゴールみたいなジャズは
この町に似合うことを自覚してるから 鳴るべくして鳴っているのだ

僕らは焦りで満たされた 水槽で生きてるから
僕らは恐れが充満した 喫煙室で暮らしてるから
今日が終わることに焦りも恐れもなく
清書された一日を 目でなぞる様に そして、あくびを噛み殺しもしない

誰かそのエアーポンプの電源を切ってくれないか
さもなくば僕がそうする

見てみろよ これが世界の全てだ
シャッター商店街 環状道路7号線 地元のラジオから流れるスタジアムロックが
大仰なエンジン音で ネズミ捕りに捕まった
退屈も悪くないって言葉は 退屈以外を知ってはじめて言えるんだ
そして、あのパチンコ店の看板
あれが世界の果てだ


ミニ情報
アルバム「地方都市のメメント・モリ」収録曲
amazarashiの新着歌詞を見る⇒
amazarashiの人気歌詞を見る⇒
amazarashi「水槽」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ