言選り Maison book girl 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

言選り  ♪  Maison book girl
作詞 : サクライケンタ・cotoeri
作曲 : サクライケンタ

音が開く音 夢の鍵 切れた街、終わらない景色
朝の夜は消えてゆくの 通り雨は君の終わり

時計台の鳥は壊れて その匂い眺めてるの
影に白が傘をさして 青い穴を眺めてたの

皮膚の裏側の白い部屋で夢を語る
あの日の4時に

夏の夕立、愛とか悲しみとか切り出して箱にそっと閉じ込めた。
ベッドの中、揺れた笑顔も。

街を償う煙の光 冷たい人の窓が降る
涙に刺す青いカーテン 神社の裏側の過去は

濡れた顔の悲しみに触れた季節 窓と美しい嘘

朝の光が冷めてく、優しい窓壊してく。
こぼれた夢を助けても続きは扉が塞いでる。

夏の夕立、愛とか悲しみとか切り出して箱にそっと閉じ込めた。
ベッドの中、揺れた笑顔も。

朝の光が冷めてく、優しい窓壊してく。
こぼれた夢を助けても続きは扉が塞いでる。


Maison book girlの新着歌詞を見る⇒
Maison book girlの人気歌詞を見る⇒
Maison book girl「言選り」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ