Fin 10-FEET 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

10-FEET
公式サイト
Fin  ♪  10-FEET
作詞 : TAKUMA
作曲 : TAKUMA

もう少しだけ(もう少しだけ)話してくれないか
夜を渇かして朝が来るまで
夜明けまで(夜明けまで)うそぶいたまま
深く潜れば忘れられるかな

さよなら越しでしか見えない(見えない)なら
ロケットに積み込まれて(込まれて)
会えない星まで飛んでく夢の中気づかせて
感じて響いて奮えて(奮えて)どうだろうかな

探して探してもずっと辿り着かない様な
そんな迷い道を慰めにしたんだ
そしてまたカラカラと寂しさを転がして
何処へ(何処へ)嗚呼

眠りが尽きてしまう前に裸足で泳ぐ魚みたいに
言葉のない世界の中でもう一度会えるなら
沢山伝えられるかな どうだろうかな
嗚呼 どうだろうかな

探して探してもずっと辿り着かない様な
そんな迷い道を慰めにしたんだ
そしてまたカラカラと寂しさを転がして
何処へ(何処へ)嗚呼

夜明けまでにはあと少しだけ 眠りと夢の畔りで
あと少しだけ そこに居たくて 目が覚めない様に 嗚呼


ミニ情報
アルバム「Fin」収録曲
10-FEETの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
10-FEET「Fin」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ