どんな星空よりも、どんな思い出よりも 結城アイラ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

どんな星空よりも、どんな思い出よりも  ♪  結城アイラ
作詞 : 結城アイラ
作曲 : 結城アイラ

電車の窓 ちょっとやつれた
自分の顔に驚く
わざと目線外すように
気怠そうにうつむいた

決められた順路どおり歩けなくても
道の隅に咲いてる花を
キレイだと思う心さえあればいいよ

どんな 星空よりも
どんな 思い出よりも
きらり輝く瞬間を
そうさ この胸の中
そうさ いつも忘れなければ
明日はきっと晴れるさ

行き先も決めないままで
小さな旅に出たんだ
初めて出会う街や人は
思ってたより優しい

前ならえすることが人生じゃない
困っている人の背中を
決して見過ごさない勇気さえあればいいよ

どうせ 出来やしないと
どうせ 無駄になるやと
きらり輝く可能性を
そうだ 摘んでいたのは
そうだ 自分自身だったね
明日が怖くなってた

簡単なことほど
意外と隠れてしまうね
けど 探すことを 諦めないでよ
必ず見つけられる気がする
素直な心を信じてみるのもいいよ

どんな 星空よりも
どんな 思い出よりも
きらり輝く瞬間を
そうさ この胸の中
そうさ いつも忘れなければ
もう怖くなど無いから
明日はきっと晴れるさ


ミニ情報
アニメ「妹さえいればいい。」エンディングテーマ
結城アイラの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
結城アイラ「どんな星空よりも、どんな思い出よりも」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ