時計台のクリスマス 青柳翔 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

青柳翔
公式サイト
時計台のクリスマス  ♪  青柳翔
作詞 : 小竹正人
作曲 : Shogo・早川博隆・岩永知佳

並木通り 木枯らしがクルリ 枯れ葉たち 躍らせているよ
当たり前のようにさ 今年も暮れようとしている
あれからもう 何度冬が過ぎたのかは曖昧だけど
君が巻いてたマフラー その色は 忘れないんだ

毎年 僕たちのクリスマスは雪になって
ふたりして はしゃいで過ごした
青春が なくなると思わずに笑ってた
僕は誰より君を 好きだったから
突然に君が消えてしまったあの日
どうすればいいのかまるでわからないで ただ
降りやまない雪に ひとり震えてた
君はいない 戻らない 永遠に

もしも君が 今もそばにいて 何気なく 寄り添っていたら…
考えても仕方ない ことばかり繰り返し考え
僕は君に つまんない理由で怒ってばかりいたって
思い出してしまうと やりきれない やりきれないよ

毎年 僕たちのクリスマスは雪の中を
あてどなく 歩き続けながら
時々は 立ち止まり背中に腕をまわし
曖める振りをして 抱きしめていた
突然に君が行ってしまった空に
どうやっても僕は行けない遥か遠い空
手の平受け止める 雪はすぐ溶ける
君はいない 帰らない 永遠に

よく待ち合わせした 時計台に粉雪が降ってる
君の時間だけが 進みはしない ずっと

毎年 僕たちのクリスマスは雪になって
ふたりして はしゃいで過ごした
青春が なくなると思わずに笑ってた
僕は誰より君を 好きだったから
突然に君が消えてしまったあの日
どうすればいいのかまるでわからないで ただ
降りやまない雪に ひとり震えてた
君はいない 戻らない 永遠に


青柳翔の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
青柳翔「時計台のクリスマス」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ