あなたのこと CIVILIAN 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

CIVILIAN
公式サイト
あなたのこと  ♪  CIVILIAN
作詞 : コヤマヒデカズ
作曲 : コヤマヒデカズ・純市・有田清幸

燦々と差す光 俯いた横顔
殺人的な夏の陽 蜃気楼 揺れていた

いつか思い出せなくなる前に あなたの事を全部書いておこう
多分僕はいつか 会えなくなって 全てを忘れてしまうから
自己否定の傘を被って 「止まない雨だ」なんて嘯いて
傷付けない自分にしがみ付く そんなものはもう終わらせなきゃ
あなたは今も俯いたまま 涙すら出ずにいるんだろうか
「誰の役にも立たない」だなんて 馬鹿なことまた言ってやしないか
太陽が暗闇に負け 落ちていく夕暮れと夜の間
こんな時はよく思い出すんだ ああ 僕はなんて言えば良かったかなぁ

花弁落ちて水面が揺れて眩しく光って
あの長く伸びたやつはきっと飛行機雲で
その時僕は 確かにあるような気がしてたんだ
消えない 壊れない 無くならない
そんなものが

あなたの事 掠れた声 肌の色と 視線の先
思い出すよ いつまで経っても 僕も同じだったから
水の無い浴槽の中 踞って 泣いたあなたの
悲しみも 美しさも 僕だけが知っていたから

人類を救い給うのが 神でも暴力でもないのなら
それは協調と言う名の諦観か 際限無く広がるネットの海か
ボタン一つ押しただけで恵まれる愛情 与えられなかった者は富める者を嫌悪
誰も彼も透明な敵と戦っては 「死にたい」とか「死んでくれ」の投げつけ合いさ
ねえ 本当は分かってたよ 僕はずっとずっと前から分かってた
「何故生きるか」ばかり考えても 答えなど誰にも分からないと
側に誰かいないと駄目なんだ 一人きりでは息も出来ないんだ
それで弱いなんて言われようが僕はもう 一生弱いままで生きて行くよ

焼け付くような日差しの中で人影が揺れて
ヒグラシの声ずっと耳に張り付いたまま
花火の音が止む頃にはもうあなたは気付いてた
止まれない 帰れない 引き返せない
大人になって

あなたがもし 居なかったなら もしも僕と 会わなかったら
考えるよ 考えるほど 恐ろしくてしょうがないよ
その足で 花を踏みつけて その指先で 果実を剥いて
そして僕と 少し似ている 道を歩いてきたんだな

比べてみたって 仕方がないよ
誰も替わってあげられないよ
あなたの痛みは あなたのもので
僕の痛みは僕のもの だけど
心臓の鼓動が 何時の日か止まるように
それと同じように その悲しみも いつか必ず終わるよ

あなたの事 そして僕の事 大嫌いな 夏の出来事
思い出すよ それでも生きて 僕らは出会えたんだから
水の無い浴槽の中 踞って 泣いた僕らの
悲しみは 美しさは 何一つ 無駄じゃなかったんだ きっと


ミニ情報
アルバム「eve」収録曲
CIVILIANの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
CIVILIAN「あなたのこと」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ