カフネ Brian the Sun 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

カフネ  ♪  Brian the Sun
作詞 : 森良太
作曲 : 森良太

どうして笑うのさ 指先でなぞる夜は更けて
大きすぎるこの世界の隅で 心は溶けて行く

枯れない花が 雨を弾くように
大切なものが 零れてしまった

いつのまにか 一人きり 遠くまで歩いてた
忘れてた 本当の僕の声 不思議な気持ちで
長い夜の 明けたあと 思い出す夢のように
懐かしい 永遠に身を委ね また歩き出せそうだ

僕にはわかるのさ 君が生きるその意味も
凍える静寂のその途中で 出会ってしまったのだから

白い鳥が 空に沈んだあと
大変なことに 気づいてしまった

いつのまにか 僕の手に 余るほど愛してた
それでもいい 精一杯背伸びして 抱きしめたいんだ

重なり合う二人の影 繋いで歩いてゆく
街の音消えてゆく そっと滲んでゆく 痛みを前にして

いつのまにか 僕の手に 余るほど愛してた
それでもいい 精一杯背伸びして 抱きしめたいんだ
マーマレードの夢を見て 本当の君が笑う
暖かい 永遠に身を委ね 眠る君を見ていた


ミニ情報
アニメ「3月のライオン」エンディングテーマ
Brian the Sunの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Brian the Sun「カフネ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ