砂糖玉の月 やなぎなぎ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

やなぎなぎ
公式サイト
砂糖玉の月  ♪  やなぎなぎ
作詞 : やなぎなぎ
作曲 : やなぎなぎ

小さなお別れの連続
いずれはあなたへ続いてる

分かっているから
出来るだけ歩みを緩めるけど
あなたは寂しそうに待ってる

届かないから美しい
まるで砂糖玉の月
遠くで転がせば甘やかに
近づけばざらりとした土塊
それならずっとここから見ていたい
見ていたいのに

交わした言の葉の数だけ
あなたを覚えていられたら

薄らぐ心象は 巻き戻ることなく
煙のように霞んで 紛い物になってく

別れるための出会いなら
初めから偽物だって
何も違わないはずなのに
またいつか出会えるように願ってる
土塊でもいいから触れたい 触りたい

綺麗なまま閉じ込めた瓶詰の砂糖玉
ひとつ齧るたびに
ひとつ涙が落ちていく

届かないから美しい
まるで砂糖玉の月
それでも近づいて
有りの儘そこにある冷たい月に触れた
さよならまであなたを見ていたい

近くで見ていたいから


ミニ情報
アニメ「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」エンディングテーマ
やなぎなぎの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
やなぎなぎ「砂糖玉の月」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ