維新の女 えたにまさし 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

維新の女  ♪  えたにまさし
作詞 : いまいこうじ
作曲 : いまいこうじ

祇園八坂(ぎおんやさか)の 冬の宿
ふたりだまって ながめてた
窓のむこうの 雪の花
竜馬の指を かみしめて
ただ いとしさに すがりつく
おりょう せつなや 維新の女

新撰組の 雄(お)たけびに
三条河原の 水さわぐ
過ぎしむかしの 夢なのか
近藤勇(こんどういさみ)の 名をよびて
橋のたもとに くずれ泣く
駒野 かなしや 維新の女

尊皇佐幕(そんのうさばく)の 風すぎて
開化の空に 夜は明ける
この日のくるを 祈りつゝ
小五郎慕い ついてきた
愛ひとすじの いじらしさ
松子 うれしや 維新の女


えたにまさし「維新の女」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
えたにまさしの人気曲 この歌手の人気曲一覧

維新の女♪祇園八坂(ぎおんやさか)の
セブンティーン・ブギ♪青春時代の真中で 未来(あした)に向かって
祇園物語♪夜の祇園に 咲く舞妓(はな)は

えたにまさしの新曲 この歌手の新曲一覧

セブンティーン・ブギ♪青春時代の真中で 未来(あした)に向かって
祇園物語♪夜の祇園に 咲く舞妓(はな)は
維新の女♪祇園八坂(ぎおんやさか)の

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ