雨と雫 東京女子流 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

東京女子流
公式サイト
雨と雫  ♪  東京女子流
作詞 : 川之上智子
作曲 : 中谷信行

どしゃ降りの中 一つ傘差して
二人 歩いてゆく
触れ合う距離に 躊躇わないでよ
大人のくせに

スーツ濡らし 守ってくれても
欲しいものは 優しさじゃないから

私の事を 大事だと言うのなら
本気の感情で ちゃんと傷つけてよ
まだ子供だと 思ってるの?ずるいよ
雨に紛れて こぼれた雫 涙

いつかあなたと 選んだスカート
雨に 汚れてゆく
ごめんねなんて いい人はやめて
嫌いにさせて

分かってたの 一度も あなたは
私に恋なんて してなかった

あなたの事は 忘れるねと告げたら
傷ついた顔して 最後まで嘘つき
本当はどこか 安心しているんでしょ
あなたの 頬の雫は ただの雨ね

好きじゃ無いのに 好きな振りして
そんな優しさは もう いらないの

私の事を 大事だと言うのなら
本気の感情で ちゃんと傷つけてよ
震える胸を 打ちつける この雨は
大人になるための 最後の涙


ミニ情報
アルバム「PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜」収録曲
東京女子流の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
東京女子流「雨と雫」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ