ガラパゴス携帯電話の歌 さだまさし 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

さだまさし
公式サイト
ガラパゴス携帯電話の歌  ♪  さだまさし
作詞 : さだまさし
作曲 : さだまさし

青々と杉玉掲げて蔵の暮れ
新酒できました
香り開きました
四合瓶抱いて
旅に出たいね

飛び乗った夜汽車の窓の僕の顔
悲しい帰郷を
忘れず生きてきた
夜汽車も昭和の
向こうに去った
みんな昔の向こうに消えた

古いものが全て悪いものではなく
新しいものがみんな良いものでもない
老いも若きも男も女も
良し悪しはそれぞれ違うでしょう

壊れてないのに使い捨てる時代だから
素晴らしいものは
むしろ心の中にある
しあわせまで
使い捨てないでね

ところで僕の携帯はガラケーで
笑う人があるけど
これで話は通じる
画質は悪いが写真も撮れる
メールだって出来る

スマホはいいけど少し怖いんです
だって日本中の人が
掌しか見てない
掌の中だけに
世界が有るようで
得体の知れないものに支配
されてるようで

数字の(1)辺りのキイは
既に割れつつあるし
落っことす度に心が
蒼く凍り付くんです
こいつが最後なんです
こいつが壊れてしまったら
もうガラケーは
此の世から消えるんです

どなたかガラケーの
新品を
作ってくれませんか
欲しい人は多い筈
どなたかガラケー作ってくれませんか

古いものが全て悪いものではなく
新しいものがみんな良いものでもない
老いも若きも男も女も
良し悪しはそれぞれ違うでしょう

壊れてないのに使い捨てる時代だから
素晴らしいものは
むしろ心の中にある
しあわせまで
使い捨てないでね

飛び乗った夜汽車の窓の僕の顔
悲しい帰郷を
忘れず生きてきた
夜汽車も昭和の
向こうに去った
みんな昔の向こうに消えた


ミニ情報
アルバム「惠百福 たくさんのしあわせ」収録曲
さだまさしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
さだまさし「ガラパゴス携帯電話の歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ