潮騒 さだまさし 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

さだまさし
公式サイト
潮騒  ♪  さだまさし
作詞 : さだまさし
作曲 : さだまさし

音も無く過ぎゆく飛行機が
遠く真白な線を引く
明日は雨になるだろうか
季節の開く音がする

息を継ぐ風の隙間から
青瑠璃色(ラピスラズリ)の鳥が啼く
向こうの浅瀬を噛む波が
思い出を数えはじめた

喜びは数えない
悲しみも数えない
泣けるだけ泣けたなら
それで良いと思う

寄せては返す潮騒は
時の過ぎてゆく息吹か
遙か岬の灯台に
灯りが入ったようだ

子供の頃なら計らない
しあわせの重さなどを
計るから見失ってしまう
大人という名のおろかさ

しあわせは数えない
ふしあわせも数えない
いつの日か笑えたなら
それで良いと思う

喜びは数えない
悲しみも数えない
泣けるだけ泣けたなら
それで良いと思う


ミニ情報
アルバム「惠百福 たくさんのしあわせ」収録曲
さだまさしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
さだまさし「潮騒」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ