人生一度 SOFFet 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SOFFet
公式サイト
人生一度  ♪  SOFFet
作詞 : YoYo・GooF
作曲 : YoYo・GooF

一刻一刻と時刻む古時計 苦しみ涙流す虚(うつ)ろ目
彼の人生の始まりと同時に上がった産声
叱られればすぐうつむく
おとなしい子だったが ゆくゆくすくすくと育ち
友達と同じ この町の小・中・高を経て大人に
これと言ってとりえこそ無いが
とても良かった日頃の行い
またお隣とも仲が良く よくしていたお泊まり
ごく普通の子だったが 親孝行はそりゃ相当した 他同様
大学は国立に進学 独立目指す
まさにいい子の特質
そこは歓楽街とは程遠い なんか辛いキャンパスライフ
そんな彼も就職は内定なんで これで人生も安定

"生きる"という義務課題を なんなくこなすが
実は何が大切か
彼は気付かない 喉が乾いたときには もう水は無い
"生きる"という義務課題を なんなくこなすが
実は何が大切か
彼は気付かない 喉が乾いたときには もう水は無い

朝は7時起床 生き生きと今日も 目覚まし迎える一日を
明くる日も同じ 地元町から仕事場に急ぐ人の波
入社し数年で会社内に咲いた愛も実り洗いざらい
気持ち打ち明け勝負しゴールイン
上手に世渡りこなす公務員
その後妻と子と暮らそうと 購入した2千万ぐらいの一軒家
はたから見りゃ 暖かな幸せ定かな
家庭だったが その傍(かだわ)らただただ
いつも波風立てず 世間や親を安心させ明日へ
そんな気持ちで善心を持って エンジン全開で前進してきた今
何か足りない 無意識に曖昧な未来を
築く事にも気付く事無く 日が沈む

生きる"という義務課題を なんなくこなすが
実は何が大切か
彼は気付かない 喉が乾いたときには もう水は無い
"生きる"という義務課題を なんなくこなすが
実は何が大切か
彼は気付かない 喉が乾いたときには もう水は無い

野の草のように強くて素朴な努力家
孤独感とこれまでそそくさ生きてきたが
ちょっと一人に 妻の緑茶でほっと一息
ここまでいろんな事があった 短いと言われるが長かった
振り返る自分の足跡 支えてくれたみんなありがとう
我が子や孫や妻へ この愛する彼らに何を伝え
何を残してこれたのだろう 身にしみて感じた 後々
お金や土地ではないが 心や愛こそ形のない財産
本当はわかっていたんだ ただ気付かず生きてきたんだ

生きる"という義務課題を なんなくこなすが
実は何が大切か
彼は気付かない 喉が乾いたときには もう水は無い
"生きる"という義務課題を なんなくこなすが
実は何が大切か
彼は気付かない 喉が乾いたときには もう水は無い

社会という大魔境の波に乗っかり
どんな多忙もこなし全(まっと)う
彼は自分の中に 何を残し生きてきたのだろう
秋色に枯れた夕焼け ふと見上げた空にうるんだ目
人はそれぞれ描いた未来の中に 荷物片手に歩いていくだけ
"生きる"という義務課題を なんなくこなすが
実は何か大切か
彼は気付かない 喉が乾いたときには もう水は無い


ミニ情報
アルバム「Love Letter Poetry」収録曲
SOFFetの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SOFFet「人生一度」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ