陸上部の夏 - 神聖かまってちゃんの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

神聖かまってちゃん
公式サイト
陸上部の夏  ♪  神聖かまってちゃん
作詞 : の子
作曲 : の子

夏を走る合唱曲を
自転車で通り越し電車にのりこむ
生きる喜び 昼下がる道
炭酸ジュース開けて
ため息をつくよ

こんな時は過ぎる
また翔けだして走る
弱くても一人で咲いているんだ
時は過ぎる
大地に両足つけて
ミュートした
その日からまたひとり走りだす

何周廻る 校舎向こうへ
体育館で授業中 大人しい僕さ
暑い日差しの中 フェンス沿いをゆく
僕のシューズが光る
靴紐結んで

こんな時は過ぎる
雨の中を走る
哀しい日も一人で咲いているんだ
時は過ぎる
大地に両足つけて
ミュートした
その日からまたひとり走りだす
ひとりで走りだす

(yeah!まさに)
時は過ぎる
また翔けだして走る
弱くても一人で咲いているんだ
時は過ぎる
大地に両足つけて
ミュートした
その日からまた一人走りだす
この足音が鳴りだす

夏と今僕は


ミニ情報
アルバム「幼さを入院させて」収録曲
神聖かまってちゃんの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
陸上部の夏/神聖かまってちゃんの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ